コンテンツ

マシーン精度・種類による土間の検討

土間は耐荷重のみを検討すればいい訳ではありません。
設備の種類によって振動等に特性があるため、それに適した土間にする必要があります。

設備の特性を考慮し、綿密な土間計画を

 

土間コンクリートは上に乗る設備や運搬物の耐荷重のみを検討するのではなく、工場内の各設備の関係性を考慮しなければいけません。
例えば、精度の高い加工をしなければいけない場合、同じ工場内にプレス機がある場合などは振動が土間を伝って精度に影響が出る場合があります。こういった現象を防ぐためにプレス機周辺の土間にスリットを入れるなどの工夫を施します。他にも旋盤や研磨など、設備によって動き、振動に特性があるため、共振を防ぐ施策など、綿密な打ち合わせが必要となります。

プレス機

測定機

研磨機

工場を高品質でローコストに設計するためのポイント一覧へ戻る