最適な電気容量を検討する

最適な電気容量を検討する

本ページでは電気容量のコストダウン手法をお伝えします。

最適な電気容量を検討する

工場内の電気は主に照明・空調・機械によって消費されます。このとき、生産計画と必要な照明・空調機能からオーバーパフォーマンスにならないための最適な電気容量計画が必要です。
必要の無い大きな電気容量を設置すればもちろん光熱費が高くなりますし、もしかするとこれまでの光熱費に無駄があり、本当はもっと小さな電気容量で済んでいた可能性もあります。最適な電気容量をヒアリングや過去の電気使用データから推測できるノウハウを持った設計事務所に相談することが大切です。
ノウハウを持った設計事務所であれば、無窓工場やセンサーによる照度の調整など、工場の機能にあった最適なソリューションを提案してくれます。

工場を高品質でローコストに設計するためのポイント一覧へ戻る