クラック対策の検討

土間のクラック対策を行う

土間のクラックは設備の精度低下など、さまざまな悪影響を及ぼします。
実はそのクラック発生の原因は建物上部にもあるのです。

意外に大きいクレーンの振動によるクラックが発生

土間コンクリートのクラックの原因は様々にありますが、実は天井を走るクレーン(オーバーヘッドコンベア)の影響もあるのです。クレーンの振動が柱から土間に伝い、クラックが発生することがあります。
これを防ぐためには、柱と基礎、および土間の間に振動を吸収するための緩衝帯を設けることで、クラックの発生をある程度防ぐことができます。

 

 

工場を高品質でローコストに設計するためのポイント一覧へ戻る