土間材料の検討

土間材料を検討する

土間は材料次第で大きくコストダウンすることが可能です。
どのような材料を選択することで品質を上げ、コストダウンできるのでしょう。

コンクリートの混合物が骨材だけではない

土間に使用されるコンクリートは一般的にセメントと骨材から作られます。骨材とは小石や砂などを指します。しかし、近年ではこの他に人工的な混合物を混ぜることでコンクリートの性能を上げる施策が取られています。例えば、スチールファイバーと呼ばれる金属製の針状の混合物を混ぜることで、鉄筋が省かれてコストダウンに繋がるだけではなく、耐磨耗性やクラック対策にも繋がるというメリットがあります。トラックなどの重量運搬物通路に使用されることが増えています。

  スチールファイバー 樹脂ファイバー グラスファイバー
効果 コストダウン
クラック対策
摩耗対策
コストダウン
クラック対策
防錆性

クラック対策
防錆性
適合業種 機械工場 食品工場 化学工場

スチールダイバー

樹脂ファイバー

グラスファイバー

工場を高品質でローコストに設計するためのポイント一覧へ戻る